メインメニュー

個人情報の保護について

個人情報保護方針

北 九州地区精神保健福祉士協会(以下、当協会)は、当協会が保有している当協会の関係者の個人情報について、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵 守し、かつ国際的な動向にも配慮して自主的なルール及び体制を確立し、以下の通り個人情報保護方針を定め、これを実行し維持することを宣言致します。

1.(法の遵守)

当協会は、この宣言を一般に公表するとともに、当協会の関係者に周知徹底させて実行し、改善・維持してまいります。

2.(個人情報の定義)

個人情報とは、記載された氏名、その他の記述等により特定の個人を識別することができる全ての情報です。

3.(適正な取得、同意による取得)

当 協会は、個人情報の入手にあたり、適法かつ公正な手段によって行い、不正な方法により入手いたしません。また、取得にあたり、個人情報の主体である本人に 対して利用目的等を個々に通知もしくは同意をとるか、当協会インターネットホームページに必要事項を告知するなど必要な措置を講じます。

4.(正確・最新性)

当協会では、個人情報を正確、最新のものに保つため努力いたします。

5.(目的の特定、使用者の制限)

当協会では、個人情報の利用は収集目的の範囲内で行い、具体的な業務に応じ権限を与えられた者のみが、業務の遂行上必要な限りにおいて行います。

6.(第三者提供)

当協会は、原則として個人情報の第三者への提供をいたしません。行政機関等からの要請により個人情報を第三者に提供するときは、法令上必要な措置を講じます。

7.(管理)

当協会は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止するため、情報セキュリティ対策を講じます。当協会では個人情報に関する管理委員会を設置しており、その指導のもと、個人情報を取り扱っている部門あるいは部署単位で管理責任者をおき適切に管理します。

8.(公表・開示、訂正・使用停止)

当協会では個人情報を、要求があれば、所定の手続きのもとで公表、開示し、必要があれば、個人情報の訂正、使用の停止をいたします。

9.(苦情・相談)

当協会では個人情報に関する相談や苦情のための窓口を設けております。

当協会における個人情報の利用目的

1.当協会の管理運営業務

2.業務の維持・改善のための基礎資料

3.活動の質の向上を目的とした当協会内での症例研究

4.外部監査機関への情報提供

平成20年2月1日

北九州地区精神保健福祉士協会
会長 今村 浩司


Copyright(C)2007 北九州地区精神保健福祉士協会,All rights reserved.